スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

うたいます。

2008/06/12 Thu 11:51

butterfly1.gif 全ての画像の持ち出しを硬く禁止しています。

line_flower01_03.gif
butterfly1.gif 本日の1枚
line_flower01_010.gif

momo20080416_06.jpg

butterfly1.gif この日記は予約更新です

line_flower01_03.gif
butterfly1.gif うたいます。
line_flower01_010.gif

桃が2歳になってできるようになったこと。

それは歌うこと(笑)
夜お布団に入ってから、パパの前の携帯のアンテナを立て
鼻歌を20分は披露することがあり
何の歌だろう?
何で歌ってるんだろう??(笑)
と私たち夫婦の間で話題になったのですが

最近、例のあの歌を口ずさむようになりました。

それは・・・羞恥心(笑)

某お笑い芸人さんがねたで歌ったのを
その場で覚えたようで・・・・

桃『しゅーしーんしゅーしー♪』

と手を回しながら大声で歌います・・・。

(。-`ω´-)ンー・・・・。

ママ『桃、しゅうちしん、しゅうちしんだよ』(笑)

と何度突っ込めど突っ込めど

桃『しゅーしーん♪』

(。-`ω´-)ンー(笑)
もうこれって治らないものなのかしら・・・。

旦那いわく、夜寝る前の布団で歌うことが多いので
あながち間違ってないじゃん、と言いますが・・・。

それにしても2歳児が羞恥心ってほんとどうなんだろう(笑)
歌が好きなのはいいことだと思いますが
これからさき、どんな歌を歌うのかしら・・・。


point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
【メロ友募集中】 2-275-136
point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
【PR】貴方もBLOGはじめてみませんか??



point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
スポンサーサイト
家族日記 桃花のこと | コメント(2) | トラックバック(0)

育児論。

2008/06/11 Wed 11:45

butterfly1.gif 全ての画像の持ち出しを硬く禁止しています。

line_flower01_03.gif
butterfly1.gif 本日の1枚
line_flower01_010.gif

momo20080416_06.jpg

butterfly1.gif この日記は予約更新です

line_flower01_03.gif
butterfly1.gif 育児論。
line_flower01_010.gif

余りにもご無沙汰してしまい
読んでくださっている方がいるのやら;
本当にすみません;

前回風邪の記事で終わっておりましたが
現在は桃・私・パパとも皆元気です。
最近は梅雨の影響もあってか、お隣のひよちゃん宅に
ほぼ連日お邪魔することも多かったりします。

桃は2歳3ヶ月、反抗期真っ只中(笑)
『イヤ!』
『チライ!(きらい)』
とそれはもう暴れん坊姫のごとく
毎日追いかけっこ&叱りの連続です・・・。

言葉の発達がのんびりらしく、
まだ2語文程度しかお話しないのですが
たまに、叱ってない時に、うちのパパに

『ママ、怒った・・・』

と告げ口します(笑)

パパ『ママに怒られたのか?』
桃『ママ、おこったよー』

それも何故か、外国人風に呟きます(笑)
余りにもおかしくて大爆笑してしまうこともありますが
最近は『怒る』ことも本当に増えました。

良く、育児本を読むと、しかってはいけない、と書かれていて
子供に何度も言い聞かせるようにしましょう、とあるのですが
ちょっとそれはどうなのかな?と思うこともあります。

2歳になって、大分言葉は理解しているけど
言葉で何故ダメなのかを延々と話したとしても
子供って理解できるのかな?って思うのです。
事実、私は言葉がけが凄く多いほうなので
何かあると、すぐ●●でしょ、××でしょ。と言ってしまうのですが
それってもしかして大きな間違いかも・・・と思い始めました。

私が小さい頃は、悪いことをしたらまず怒られたし
大きな声で叱られて、怖いからやめよう、と思ったし
程度にもよりますが、叩かれて覚えたこともあったように思います。

例えば、子供同士が喧嘩をして
相手の子供に怪我をさせたとき。
親がすぐに介入して辞めさせることは簡単だけど
喧嘩させないってちょっとどうかとも思うのです。
やりすぎたから、相手を傷つけた、って子供が直感で分からなきゃ
何度も繰り返すこともあると思うし・・・。

親と子供って感性からして多分違う。
親と子に限らず、人間は皆違う生き物だから
皆と同じでなきゃいけない必要もないし
子も失敗して、自分で感じることが大事だな、と
改めて育児論、悩んでます。

結局育児も人それぞれ、答えのないものだけど
親と子の絆だけは深めていけるよう
優しいだけではない、怖いだけでもない
我が家なりの関係が出来るよう、日々模索の毎日です。


point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
【メロ友募集中】 2-275-136
point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
【PR】貴方もBLOGはじめてみませんか??



point_ribbon02_03.gifkira24.gifkira24.gifkira24.gifpoint_ribbon02_03.gif
育児日記 育児日記 | コメント(2) | トラックバック(0)


もしマンションを買うとしたら・・・。
いくら位、購入時にお金がかかるんだろう?とか
ローンは本当に返しきれるんだろうか?とか
考える方も多いのではないでしょうか。

私も今マンション住まいをしていますが
まだマイホームを購入したことがないため
色々迷うことも多々あったり。

そんな迷っている方のために
女性のための快適住まいづくり研究会では
女性のためのかしこいマンション購入術講座
を開催しているそうです。

1:女性に人気のマンション情報
2:耐震性・地盤・建築構造のチェックポイント、
3:安全な資金計画の立て方、
4:税金や住宅ローンの基礎知識、
5:安心できる不動産会社の選び方

といった点を学ぶことが出来る講座なのです。
実は、先着100名様に1回分の無料受講券があたります。
ケーキ・紅茶付「無料受講券プレゼント」の応募はこちらから

またそれ以外にも銀座&自由が丘マンションライブラリーで
女性向けマンション資料を価格・ジャンル別、
エリア・沿線別にわかりやすくファイリングしたものを
時間内にチェックすることが可能です。

私個人としては講座はぜひ受けたい内容かも。
女性だと良くわからない、地盤の安定している場所や
構造建築に関することを
少しでも理解していた方が購入にはいいと思います。

あと、我が家でもローンの話題は尽きないもの。
後からかかるお金がマンションは多い?と思うほど
決まった額ですまないこともあるので
ローンや税金に関することも絶対に知っておいた方が
お得だと思うのです。

マンション購入を考えている女性や奥様は
もし時間があれば講座に参加されてみてはいかがですか?

女性のための快適住まいづくり研究会のサイトはこちら!
オススメ プレスブログ | コメント(0) | トラックバック(0)

青雲舎/翡翠マグ

2008/06/11 Wed 11:09



今日は久々にオススメなものを
記事UPしました♪
青雲舎から発売されているその名も翡翠マグ!

実はこのマグは、パワーストーンでも知られる
翡翠をパウダーにして利用しているのです。
翡翠は中国でも知名度が高いのが韓国・春川(チュンチョン)のもので
実は飲み物にちょっとした変化を起こすのです。

例えば飲み物を入れて赤外線を当てると
とっても不思議なことに翡翠マグからの遠赤外線量が
他社製のマグより格段に多いことが分かったり
辺の酸素濃度を高めて人体の新陳代謝を促進する効果も
あるのです。

サイトを見に行ったのですが、
ちゃんとした書類としてもあるみたいなので
効果に間違いはなく、凄いと思います。

そのため、ワインや緑茶の味が微妙に変化したり
温かい食べ物では、うれしい変化が楽しめたりするそう。
今までにないマグカップかもしれません。
味が変わるマグなんて聴いたことがないけど
ちょっと面白いですよね♪

スタイリッシュな右手タイプ、クラシカルな両手タイプの
2種類があり、写真は右手タイプになります。
見た目も本当に綺麗なマグだと思います。

パワーストーンがお好きな方、
ちょっと不思議なマグカップなど
ティータイムにどうですか??

翡翠マグのサイトはこちらからどうぞ♪

オススメ プレスブログ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。