スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

子供の教育

2007/05/25 Fri 00:28

伸びる子の法則
この記事はブログルポの依頼により執筆しました。

この日記はブログルポの日記更新です。

幼児教育について。

さて、子供の教育、と言うことで
今日は少しブログを書いてみようと思います。

といっても我が子はまだ1歳なので
私なりの幼児教育論になっちゃう部分がありますが。

まだ子供も1人目の新米1年目のママではありますが
可愛い我が子には色々な体験や経験を通して
人の痛みが分かる子になってほしい、と思うことがあります。

例えば今心がけていることは
『目を見て受け答えすること』


何かを上手にできた時、
一生懸命お話して何かを伝えようとしている時、
人を叩いたりいけないことをした時は
必ず目を見てお話しています。

怒った時、うちの娘は1歳ながらに
しまった!という顔やむすっとした顔をします。
嫌だ!と思うとすぐ手が出るほうなので(苦笑)
感情がとても分かりやすいタイプの子だと思います。

言葉が分からなくてもいいから
親なりにちゃんと子供に向き合う姿勢を
今から大事にしたい、と思うからです。

何かひとつのことができるようになっただけでも
1歳の今は二度と戻ってこないわけで
一つ一つの成長がとても大事な気がするから。

あと我が家は基本的に何でも経験、です。
見る、聴く、食べる、話す、という行為も
余り制限することが無い方かもしれません。

特に1歳をすぎ、色々歩けるようになってからは
お休みの日は必ず外へ出かけるようにもなり
自己主張も出てきたし、子供の個性も強くなりました。

例えばパパが食べているヨーグルトが欲しい!
自分用に用意されているものより、そっちが欲しい!

そんな時、駄目、とあげないのはかわいそう。
かといって加糖のものは年齢的に控えたい、と思ったら
親が子供に合わせ、低糖を選んで食べたりしています。

例えばママは普段から踊ったり歌ったりしてます(笑)
某子供番組にあわせて一緒に大声で歌ったり
桃のお話タイムに一緒になって話し込んだりもしています。
そのせいか、自分を見て!と良く主張するようになり
大変なこともありますが、色々な発見もあったり。

暑くなってきた今はパパの帰宅に合わせて
6時半まで公園でお散歩タイム。
お花を見ながら歩いたり、お砂場で遊んだり
一緒に滑り台を滑ったり。
家族一緒で遊ぶ時間があるのもひとつの教育かもしれません。

子供を良く見つめることで、色々な発見をしながら
子供に合わせた対応を親が出来る範囲でしていくのが
今のところ、我が家の育児になっている気がします。

色々子も親も失敗しつつ、喧嘩もありながら
家族を通しての育児が楽しくあればいいな、という希望を持って
我が家は今日も頑張ってます♪

育児について色々参考にしたい方は
下記の本をオススメしますヾ(*'▽'*)ノ

伸びる子の法則
オススメ ブログルポ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。